マルスモルテージ越百 マンサニージャ カスクフィニッシュ 42度 700ml 箱入
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

マルスモルテージ越百 マンサニージャ カスクフィニッシュ 42度 700ml 箱入

¥5,500 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

マンサニージャカスクで追熟した越百 「複数のモルト原酒をヴァッティングすることで複雑さと奥行きを表現した「マルスモルテージ 越百」 これを軽やかでドライなシェリー酒「マンサニージャ」に使用した空樽に入れ追加熟成(フィニッシング)しました。 越百本来の柔らかくまろやかな口当たりに、樽由来のドライフルーツ、ブラウンシュガー、メイプルシロップなどの香りが立ちのぼります。 ココナッツやチョコレートなどの心地よい風味と、ほのかに感じるビターな味わいがバランス良く調和した限定製造のモルトウイスキーです。 ※この商品は、一部輸入原酒を使用しています。 【オススメの飲み方】 ロック・ストレートで。 ■酒 別:  ブレンデッドモルトウイスキー ■原材料:  モルト ■度 数:  42% ■容 量:  700ml ■製造場:  本坊酒造 マルス信州蒸溜所 マルス信州蒸溜所  理想の土地を求めて 鹿児島の地で日本の蒸留酒「焼酎」造りに邁進していた本坊酒造が、ウイスキー製造免許を取得したのが1949年。 それ以来、「いつか日本の風土を生かした本物のウイスキーを造りたい」と 夢を抱き続けていました。 まず、1960年に山梨にワインとウイスキー製造のための工場「山梨マルスワイナリー」を設立。 そして、本格的にウイスキー造りに取り組むために、さらなる理想の地を探し求めました。 澄んだ空気をした寒冷地であり、しかも適度な湿度と良質な水に恵まれていることなど、ウイスキー造りのための自然条件は、たいへん厳しいものがあります。 こうした条件を満たす土地を探し求め、1985年、本坊酒造株式会社は、ウイスキー造りに最適な環境を求めて、長野県中央アルプス駒ケ岳山麓標高798mの地にマルスウイスキー蒸留所を開設致しました。