{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

ポールジロー 35年 40度 700ml

残り1点

¥33,000 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ポールジロー  35年     Paul Giraud 35YO Tres Rare 国名    フランス 地域    コニャック 容量    700 ml 度数    40度 参考小売(税抜)35,000円 35年表記ですが、実際にはすべて45年以上の超古酒で構成されています。 丸みがありつつも圧倒的な熟成感と、ブドウの味わいが共存する稀有な一本。 グランシャンパーニュ・コニャックの極みがここに。 ■ラベルにTres Rare:トレ・ラールの表記あり 裏ラベルに35年の表記あり ポールジロー   Cognac Paul Giraud ブランデーといえばフランス産が広く知られていますが、その中でもコニャック地方で生産されるブランデーは特に高い評価を受けています。 総面積79,600ヘクタールの土地から生まれるコニャックは、芳香豊かなフランスを代表する蒸留酒として、現在でも老若男女を問わず広い世代に親しまれています。 高級ブランデーとして昔から有名な銘柄のほとんどは、ここコニャック地方産のブランデーなのです。 しかし、ワインがそうであるように、コニャック地方も6つの小さな地区に分けられ、ある地区は華やかでフレッシュ、またある地区はエレガントなライトボディというように、各地区で栽培されるブドウには個性があります。 その中でも、最高峰として知られるのがグランシャンパーニュ地区。石灰質の土壌で栽培されるブドウは、アロマが凝縮された非常に良質なコニャックを生み、その良さは長期熟成をすることによって完全に開花するのです。 そのグランシャンパーニュ地区に、今では残り僅かな貴重な生産者が住んでいます。 その名はポールジロー。 ジロー家は400年前からこの地に根ざし、代々農業を営んできました。1800年代の後半からコニャックの生産を始め、現在に至るまで高品質なコニャックを生み出し続けています。 ジロー家のコニャックが貴重なのは、ジロー氏がコニャックに対して抱き続ける「コニャックは自然の賜物」という考えに集約されています。 大手メーカーが機械化されているのに対し、彼は全てのブドウを一つ一つ手で摘み、品質を確認します。 イーストを用いて時間を短縮した醸造ではなく、逐一ようすを確認しながらブドウを自然に発酵させます。 また、一括して大量に蒸留するのではなく、片時も目を離さず樽に詰めるタイミングを計ります。 彼自らが全ての工程を手掛け、膨大な時間と労力をかけながらていねいにコニャックを生産しています。 「私がしていることは特別なことじゃない。代々続いてきたことをやっているだけさ」と彼は語ります。 そして「常にコニャックと向き合うこと、自然に従って決して無理はさせないこと。これが一番大切なのさ」とも。